関係者以外立入禁止!

囲いの中の日常<現場監督の独り言>

2010年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

またしても実感…。
しっかし、どしてこうも違いますかね。

いやいや、前にもありましたけど、
建築部門と土木部門の違いですよ。

今回の現場、隣でおっきな土木工事やってまして、
挨拶兼、場内通行の許可を求めにいったんですよ。
それはそれはビッグなゼネコンさんですわ。

「すいません…、隣で工事するもんですけど。」
「はいはい…。」
「あ、あの…所長さんはいらっしゃいますか?」
「私ですけど。」
「あ、あの…隣で工事するんで挨拶とお願いに上がったんですが。」
「うん、じゃ、隣いこう。」
「え、あ、はい、突然でお邪魔じゃなかったですか。」
「だいじょぶだいじょぶ。」

話はすんなりと済んで…

「通行に際して何かありますか?通行証とか…。」
「あ、だいじょぶだよ、みんなに通知しとくから。」

いやあ、なんつ~んすかね。
同じエリアでみんなでうまくやろうって感じがありありなんですよね。
おおらかっていうか…。

同じゼネコンさんの建築の現場に下請けで行ったこともありますけど
建築ってぎすぎすしてんだよなあ。
部外者じゃない身内になる下請けに対してだって
みんなで協力しあおうって雰囲気がある現場がすくないなあ。

ほんと割合から行ったら遥かに土木の方が寛大に対処してくれんですよ。
建築の方が危険で土木は安全ってわけじゃないのになあ。
危険度なんて同じだとおもうけどなあ。
一現場での下請け業者数の違いかなあ。

だれか理由わかります?
わかったら教えてください。
スポンサーサイト

| お仕事 | 13:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

この何日か、発注業務に携わってまして。
携わるっていっても同席するくらいなんですが。

うちの場合、集中購買ってやつでして
私がどうこうってのはあんんましないんですけどね。

まあ、集中購買に絶対従わなきゃいかん!
っていうわけでもなくて、発注したい人はしてますが、
私はまだまだ子供で、ビジネスマンという大人になりきらず
折衝ってのができないんですよね~。

なので、社内のプロに任せております。
任せて形を作ってもらった後にアレンジすることとしております。


そんな日常で思い出しました。
また昔話になってしまうんですが昔はねえ…。

「これなんですけど、いくらですか?」
「う~ん、今、工場が手いっぱいでつくれませんね~。」

「これなんですけど、もう少し値引いてもらえませんか。」
「うちはこれでいっぱいです。他あたってください。」

「ここなんですけど、やってもらえませんか。」
「んな細い仕事やってられないよ。」

などなど拝み倒して…みたいなことが多々。

それが今や、

「これなんですけど、いくらですか?」
「いくらでもいいですよ。言ってください!」

「これなんですけど、もう少し値引いてもらえませんか。」
「わかりました。他社より絶対安くします!」

「ここなんですけど、やってもらえませんか。」
「もちろんです。明日からでも入りましょうか?」

極端ですけど、こんな具合。

不景気ってのはおそろしいですな。
バブルを通過している私としては、その違いに面喰います。

でもねえ、同じ仕事をしている若い衆にとっては
あまりいいことばかりでもないような気がしますわ。
発注先が言うことをほいほい聞いちゃうからね~。
簡単なお願いで、それ以上のことしてくれたりして…。

ま、やりやすいっちゃあやりやすいけど、ねえ…。
こんなこと言うとおじさんの説教って思われちゃうのかなあ?

| お仕事 | 12:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もう20年くらいも前のことだから時効だよね~。
残業の合間のこと…。

「昔なんかさ、んな細かいこと言わなかったっつ~か、
やりたい放題だったつ~かさ。」

「そんなもんですか~?」
「だってさ、インターの砂なんか30m3だかんね。」
「さ、さ、さんじゅう~!」
「路盤とか縁石とかぶち壊して砂の搬入すんだよ。」
「ひゃひゃひゃひゃ。」
「工事してんだか、ぶっ壊してんだかわかんないよな~。
おまけに、早朝しか搬入してくんないし…。」

「あ、おれなんか、山砂40m3でしたよ。」
「んなに入るンスか?」
「計算してみなよ。2.5×5.5×2.8で40m3弱だろ。」
「んま、たしかに。」
「んでね、運ちゃんが40m3だって言い張るわけよ。
んで、わかりましたって言わないと怖いわけね。」

「ひゃひゃひゃひゃ。」
「今の苦労も十分わかるけど、昔は昔で色々あったわけよ。」
「ふ~ん。」

どっちの時代がよかったのか…。
けど、いまの時代の方が正しいのはたしかですな。

| お仕事 | 12:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なんかね~、のらないんですよ。
やる気が起きないんですよ~。
これからの現場も、もはやせっぱつまってるのに…。
前の現場の清算でいろんな人に頭下げすぎたせいですかね~。

も~ね~
会社においても、近年まれにみる大金を使っちった
現場となってしまいましたよ。
同僚やら、他の監督連中も、決算書見て言うに事欠いて
これはすごい!
ですからね~。

ま、なかにはいい人もいて
こゆこともあるさ
なんて言ってくれる人もいますけどね~。

みんな他人事で言ってますけど
うちみたいなちっさい会社、
年末のボーナスに影響するんですな~。
発覚時にはえらい責められるんでしょね~。

い~もん、その時は現場に行って会社に帰ってこないもん!

とまあ、そんな日常ですが
もしばらくすれば、また引っ越しですな。

この仕事、ん十年になりますが
もう引っ越しはお手のもんとなりましたよ。
とにかく俺の七つ道具みたいなもんがきまってますからね~。
若い連中みてると、それがまだまだなんだな~。
あれも、これも…なんてやってる。

おじさんはいおう。
そうじゃないんだなあ。
人間やれることは限られてるし、
持っていっても使うもんは限られてるんだなあ。

いらんもんは捨てる。
もしくは倉庫に保管。


これですよ。
現場が一つ終わったら、とにかく整理。
要らんもんは捨てる。
とにかく捨てる。

と言って、後から
あれどこやったっけ?
ん?
おおおおおおお、捨てたわ~!
って毎回やることになるんですが…。

けど、いままでそんなに大問題になったこともなく
サラリーマン生活できてるんで、だいじょぶってことですよ。
若い衆、取り合えず、おじさんの言うことをきいとけ!

| お仕事 | 13:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いやいやなんとか終わりましたよ、ふ~。

ま、ね、

至らないとこは多々ありますが、
これから住む人には支障がないとこまでは
作りましたんで御勘弁をって具合ですな。

そんなこんなが続いてたら、次の現場への出動要請が…。
またしても土いぢり…。
ここんとこ続いてますなあ。

つか、"また現場?"と思ったあなた。
あんたは偉い!
わたしのつたない文章をよく読んでいるってことですよ。

そうそう、この何年か事務員兼現場監督だったんですよね。
けど、晴れて、現場監督専任となりました。
ぱちぱちぱち~。
っていうか私、事務員なんかやってたんかって感じですが…。

そうそう、こないだの現場も
ど~にもこ~にも~っ、やっとこさって感じで終わりましたが
(お金の方も、もってけドロボ~って感じで会社に頭下げまくり…)
今度も似たよなもんですぜ、だんな。
まさしく年度末!
ちょっと手計算しただけでも間に合いません。
わはははは。
いやいや、楽しくなりそうですな。

けど、今度は更新する時間は取れそうですな。
大変なのはオペさんだけって感じなのでね。
っということで更新をそこそこやるつもりですのでよろしくです。
(あてにはならんが…)

| お仕事 | 08:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。