関係者以外立入禁止!

囲いの中の日常<現場監督の独り言>

2011年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おかみのたいおう

いや、これがまた、もう何ヶ月ですかね。
空きましたね~。もうやめろって感じでしょうか。

年度末やってた現場も無事終わりまして、今はGWを待つばかりでございます。
まあ、なんてゆうんでしょうか。
震災やら、原発やらでいろいろ生活についても考えなきゃいけないことが
沢山ですが、その沢山のなかでも生きていかなきゃなりませんのでね。

ほんといろいろ考えさせられましたね、今回は。
ま、いろいろは今後として…、お仕事関連で。

どっかに書いたかな~、私この2、3年、事務部隊に配属されてたんですが、
また、現場部隊に配属されたんですよね。
しかも、数名の隊員付で。
がらじゃないんですよ、私にはむりなんですよ。
ひとの世話なんかできないんですよ。自分だけで精一杯。
ひとの上に立つ力量がないんですよ。人望薄。
そんなこと言うと、もともと現場監督なんてむりなんじゃ…
といわれそうですが、そのとおりです。
でも、いっしょに仕事してくれてるみんなのおかげでご飯が食べれてます。

しっかしですね~、今の時分、人や組織の本質ってのがよく見えますね~。
こないだ終わった現場ですが、ほんとに脱力でした。
終わってせいせいしましたよ。
いや、ま、ほんとに。

震災の日、事務所に居ました。
いやあ、ゆれましたよ。ユニットの2Fだったんでね。
"こりゃ、事務所倒れる!"
ってんで速攻で外へ。
いやはや、まっすぐに立ってるのも困難なぐらい。
ゆれが収まってから現場へ。
"みんなだいじょぶ?"
てなぐあいで巡回、そして担当へ連絡。
んで、普段の5~10倍くらいの時間をかけて帰宅。
私の家族はみな無事でした。

まあ翌日から土日だったので、担当とは月曜日に再会。

「今日も現場回ったんですけど、特に被害はないです。」
「そう、じゃ、予定とおりなんとしても終わらせちゃってよ。」
「そうしたいのはやまやまなんですが、状況が状況なだけに、確約できないです。」
「いや、なにがなんでもだよ。」

そんな話をする前、ほかの現場では休止措置などが行われているのを
聞いていただけに、なんだかなあとは思ってました。

そんな翌日には、軽油やガソリンが手に入らなくなってきまして。
私と同じ担当監督で土砂受け入れをやってたとなりの現場の代理人さんに聞きました。

「ねえ、ねえ、軽油手に入ってる?」
「いや、もう、ぜんぜんですよ。このままだと明日には重機が止まりますよ。」
「ど~すんの?あの人終わらせろって言ってなかった?」
「ええ、ええ、何が何でもって言ってましたよ。」
「でも、軽油ないんでしょ?」
「あ、それを言ったら、"じゃ、灯油入れればいいじゃん"なんてぬかしましたよ。」
「はあああああ?」

も、ね、なんつったらいいか。

そんなことがあった翌日、うちのほうでも、燃料不足で現場にこれないかも
という事態になりそうな感じで…。

「道具もあるし、車が必要なんですよ…。
しばらくすれば落ち着くとは思うんですけど。
そのしばらくの時間をいただけないでしょうか。」

「そんなの、自宅に帰らないで現場とか、車の中とかホテルとかに泊まればいいじゃない。」
「余震もあったりするし、こんな現場に泊まれるわけないじゃないですか。そんなの無理ですよ。」
「ま、とにかく、なんとかしてくれよ。」

も、ね、なんつったらいいか。

いろいろ手を回してくれる気はまったくなし。
事なかれ主義もここまでくるとあっぱれですな。
ま、底が見えますが。

その後、作業員さんは自分とこに備蓄していた燃料や知り合いを伝って燃料を確保して
なんとか現場を終わらせてくれましたが、
もう少しで終わるというころ、担当が現場にやってきました。

「上の方からさ、この震災の影響を考慮して、
工期延期やその他の要望があれば聞き入れるってことできたんだけどさ、」

「は?」
「ま、ここはいいやね、もう終わるし。」
「あ~そうですね。」

そんなことは上から言われたからやることでなくて、
現場に直接携わってるもんが上に押し上げてくもんだと思いますがね。

こんなことばっかやってるから"おやくしょ"って言われ続けるんだよね。

そんな人ばかりでないことも私は知ってますが、
そうでない人の行いがあまりにも…なんで、いい人の印象が消えちゃうんだよね~。


先日、後輩の現場の手伝いに来て…

「今日、不幸があって現場にいけないんですよ。
担当が書類を渡すから9時に来いっていうので、
saruさん、あそこにいってもらってきてもらえますか?」

「合点承知。」

ま、ね、"おやくしょ"が9時に来るわけないと思ってたけどね…
来たのが10時ちょと前。
ほんと、ふざけんなよ。
スポンサーサイト

| お仕事 | 19:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。