関係者以外立入禁止!

囲いの中の日常<現場監督の独り言>

2011年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

さてこれから

相変わらず助っ人人生です。
そんな助っ人現場に本日事務所が建ちました。
事務所が建つと、さあやるぞって雰囲気になるもんですが
助っ人なのでね、テンション低め…。

そんな私には初めてのお付き合いのハウス屋さんでした。
この仕事してて初めて、レッカーでハウス建てましたよ。
おまけに、営業くんではなく、現場担当の人が来てたのも初。
とはいえ、新人君でしたけどね。

「こっちをこ~してね。」
「あ、は、はい。」
「あと、あれはど~なってたっけ?」
「あ、は、はい、すいません、僕、今日
見学
なんでわかんないです。上司に聞いてみます…。」


おいおい、それをゆうなら
研修
じゃないのか?
ま、いいけど。



作業してるみんながプロ中のプロなので特にすることもなく
ぼ~っと皆の働きを見ながらつまらんこと考えてすごしました。

なんか、ユニットの中にモノ入れすぎで重く、子で吊れなかったレッカー。
親に変えて吊ってました。

………

おとうちゃん、ぼくじゃ無理だよ

そうだろう、そうだろう、んじゃ、おとうさんの出番だな。
んじゃ、お前は下がっていなさい。

(子フックがす~っと上がって、親フックがずんずんと下がってくる)

んじゃいくぞおお、それ~。

あ~、やっぱりおとうちゃんすごいや。

あたりまえだのクラッカーだよ。
お前にはまだまだまけんぞ。

………

ま、ほんとど~でもいいフック親子の会話なぞ
妄想してみたりしてました。
スポンサーサイト

| お仕事 | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

よろしくです

現在お手伝いをしている現場に、
この夏行ってた現場で別の元請け工事をしてた
水道屋さんがきてくれることになりました。

"仕事あったらまわしてくださいよ"
"んじゃ、こんど"

みたいな話があったみたいではありましたが、
ほんとにしてもらうことになるとは。

ま、けど、仕事を見てる限り、堅い仕事をしてる人たち
だったので、頼めたらいいなあと思っていたのも事実。
んで、本日うちの会社で代理人さんと打ち合わせ。

どうなのかな~と後で聞いてみたところ、
うちの社員がも一人同席…。
こないだの夏の仕事の代理人です。

「なにしてたのよ?」
「な~にいってんすか!俺は仲人ですよ。な・こ・お・ど。」

ま、そのとおりではありますが。
うまくいくことを願います。

| お仕事 | 22:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ばちがいだったかも

時間があった上に、お呼ばれしてたので、
"危機管理産業展"に行ってまいりました。

証拠写真

いやはや、国際展示場なんて何年振りですかね。
近所は通ってても、めったに立ち入らないとこなもんで。

うちの関係者も関係してたりするんですが、
そっちはほぼ素通りして社長さんにあってきました。
このお方ね。
サイトで知って少しだけ取引したりして、
こないだわざわざ私がやってた現場まで来てくれたお方です。

半完成品は見ていたのですが、クジライト(検索してください)が完成!ということで
そいつを見てきました。

使いたい…使いたいよお!

けど、現在私、現場を持っておりませんのでどうしようもござんせん。
周りのみんなに紹介してるんですけど、いまいち反応がね…。
わくわくしてるの私だけ。

クジライトに限らず、商品の工事にかかわる姿勢が現場目線なので
目がはなせない社長さんですよ。

それと今回出かけた目的はもひとつありました。
私の仕事上のアイドルにくまるさんが手伝いにきてるということで、
会ってみたいっつ~のがありました。

けど、結局はお昼中で会えなかったんですが…。
ま、仕方ないですな。

え~、展示物は…でっかいのは、キャタピラの救急車みたいのから
ちっさいのは文房具までって感じでそろってました。
けどね、危機管理って言ってるだけあって、
工事屋さんに直接はほぼ関係なし。
間接的には、これは現場でも使えるかも…ってのはありましたが、
ま、そんなもんです。

社長さんに会って、コンパニオンのおね~さんを見て
帰ってきた次第で…。
(でも、おじさんにストライクなおね~さんは少なかった…無念。)

| 未分類 | 22:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ぼくにもできた

何年ぶりかな?
ん~っと結婚したへんからだから…17年だ。

じゅうななねん!

そんな久々に単車乗りました。
ま、学生のころは単車しかなくて毎日乗ってたからね。
なんか分けわかんないアメリカンから初めて
NS、XJ、RZ…と。
会社でつるんでた単車乗りは、限定解除に行きましたが
私は中型のまま乗らなくなって…と。
そして本日…と。

けど、いやあ、体は覚えてるもんですなあ。
ちゃんと乗れましたよ。
妹が乗らなくなったレブルをくれるってんで、
実家から4時間くらいかけてもってきた次第で。

知ってます?レブル。
たぶん若い人はまったく分からんでしょうなあ。
私くらいのおじさんだったら分かると思うんですけどね。
ま、どしても乗りたいって単車じゃないんですが、
乗ってみれば単車は単車。楽しいね~。
なんか、私も限定解除とりたくなってきましたよ。

さて…と、
これから私のセカンド単車ライフの始まりってことで。

| たわごと | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あらなんかうけたのかしら

え~、たいした更新してないなか、
私もよくわからない拍手ってボタンが4になってました。
なんかうけたんすか?

コメントとかないのでわかんないですが、
あれかな、たぶん私の読書感想じゃないと思うので
CADの話ですかね。

んじゃ、気をよくして古いLTの中で大活躍のソフトの紹介なぞ。

私の場合、下記サイトにお世話になってます。
Izawa Field Service
mura's home
yu-soft.com
なんもお返しできてなく、大変もうしわけない限りです。
いや、ほんと、知らなかったら今の私はおりません。
こないだも書きましたけど、
①LThelon
②acsorteditor
③Acont
なしでは仕事になりません。

①は外枠さえ書けば、ワンクリックで三斜きってくれて面積まで計算してくれる。
しかも計算の一覧表まで自動作成…。

いや、すばらしい。

②は範囲指定したなかのtext文字を抜き出してくれる。
抜き出した数字なんかをエクセルに移せば、ほら、おくさん、点在してる数字を
計算できるわけですよ、いちいち、図面にチェックいれながら電卓はじくなんてこと
しなくてよい…と。

いや、すばらしい。

③はマウスを通過させるだけで、deleteやesc、ファンクションキーを押した信号
を出してくれる、つまり、マウスを右手に、左手をキーボードにっていう動作が
極端に減るわけです…と。これで、鼻くそほじりながらcadできる…と。

いや、すばらしい。

ま、みんなたぶん、最先端のLTで動作するかどうかわかんないんですけどね。
けど、すくなくとも、上の3つが使えなかったら、私の業務量は半減以下です。

これを読んでるひとはそんなの知ってるよ!と言うと思うんですけど、
あえて説明してみました。
万が一知らなかった&古いLTを使ってる…だったら是非お試しあれ。

| お仕事 | 13:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

どうなったのかな

またしても私の経歴を使った物件がだめでして…。
え~連敗記録更新中ですな。
ま、もともと点数低いし、あんましやる気になる物件でもなかったので
それはそれでいんですが、他の物件に名前挙げまくりらしいっす。
数打ちゃあたる…と。
そんなことで、どっかに当るまでまた、他の所長のお世話になります。

まずは準備工…。
計画書うちまくり&もらったCAD図面修正しまくり…と。

そいえばCADのCALSってどうなったんでしょうか?
あれに則ったレイヤーの図面って、もらったことないんですけど。
まあ、あのとおり分けられてもこっちも困りますが。

そう、修正というよりは合成なんですけど。
埋設図と座標図と割付図なんかの
平面図を重ねてわかりやすくする…みたいな。

けど、まあ、世の中進みましたね~。
私はautocadLTなんですがもう2010ですか…あれ2011?
どっちにしても遠い世界の話ですよ。
私は2002ですからね~いまだに。
もらう図面をバージョンダウンさせるのもだんだん苦しくなってきました。
でもねえ、使い慣れた関連アプリを捨てるのもねえ。
LTHELONとかacsortediterとかAcontとか抜群ですよ。
あ、ご存じない?
それはもったいない!
ま、2007以上の人にはあまり関係ないですけどね。

けど、時代の流れは進んでくので
いつかは使えなくなるんでしょうなあ。
そのときは、私たぶんついていけないだろな~。
戦々恐々です…。




んで、自分の現場でもなく、時間もあるので、本を読んでます。
私の場合はほとんど小説の類。
知識本とかマニュアル本とかほとんど読みません。
んで、読んだ感想とかを話したいわけなんですけど、
その相手がいません…。
相方はお話になりません…。
はやいとこうちのボウズにその相手となってほしいのですが
まあ、最低でも7、8年はかかるんだろな~。
んで、こんなとこに書いちゃったりして…。

先日、jwaveの番組で紹介してた本谷有希子氏。
おもしろいんだけど、なんか違和感。
これなんだろな~と思ってカバーに書いてある生年月日を見て納得。
私より10以上もお若い方でした。
近年片っぱしから読みまくってた柳氏、角田氏、吉田氏が全く私と同年代で、
”うんうん、なんとなくわかる。”
みたいに感じてたのと違ったのですな~。

いやあ、仕事だけじゃなく、こんなとこにも世代の違いってのがあるってこと
実感してしまいました。

| お仕事 | 08:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さて、なにを。

え~、この夏汗をかいておりました現場が終了しまして、
お役ごめんとなりました。
また、窓際族へ…と。

なんつ~んすかね、
この半年、名前出しちゃあ没。
だしちゃあ没、の繰り返しで、
人のお手伝いをひたすらやっておりました。

今もとある現場に名前出してるもんで、
まとまった現場を担当することもできず、準備工してる現場のお手伝いです。
こないだまで、ひたすら丁張り~片付け~たまに掘削、捨てコンまで
やってたのが、朝からPCとにらめっこして計画書つくりですよ。

このギャップ!
どにかなりませんかね。

とはいいつつも、どっちかばっかでもいやなんですが。
適度に体を動かして
適度に事務所で内業…と。
それが最高ですな。

ま、そんなうまくいくわきゃないですが。

| お仕事 | 21:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

え、そうなんですか。

ききました?
東電は身銭をきっての賠償は一切しないんですってよおくさん。
賠償はすべて税金からですって。
ま、そりゃ、うちは東電から電気買ってるので
しかたないかもしれませんけどね、
西の方の人にしてみりゃ、そりゃないよって感じでしょ。
電気買ってる私ですら、そりゃないよって感じですからね。

そう、いまさら経営改善ったってねえ…。
よくよく思い返してみれば、引き込みとか電柱建てとか抜きとか
ありえない人数で作業してたもんなあ。
よくあれで採算取れるなあと思ってましたよ。
今思えば、東電にお金がうなるほどあったんですなあ。
そりゃそうですよ、
原価が増えれば経費が増えて国からお金もらえる
なんて仕組み、誰も知りませんよ、そんなこと。

けどね、そうゆうふうに仕組みができちゃってるんでしょ。
どうにもならないんでしょ。
いろんな人がいままでうはうはしてたんでしょね~。
そして、これからも。

まあ、それに乗ってる人が頭いいってことなんでしょな。
んで、そんな人たちに投票してるわれわれの頭がわるい…と。

なんか、もう、どうでもよくなってきましたが、
頭悪いわれわれ自身の生活はなんとか守りたいもんですな。
それももはや難しいのかも知れませんが。



このひと夏手伝うことになってしまった現場も終わりに近づきまして、
この数日、掃除要員となっております。
今日は側溝のどぶさらい。

いや、ま、それにしてもサンポールってのはすばらしいですな。
ちょっとついたモルタル汚れにはテッパンですよ。
この仕事についたころから20年以上たった今でも、
最後にはお世話になっております。
においだけは今でも慣れませんが…。

| たわごと | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おはだじゃないかくしつ

いや、ま、それにしても、
放射能やら、検察やら、裁判所やら、政府やら、
一体何が本当で何が、操作されてるもんなのか
ほんとわからなくなってきましたな。
すべて、自分の五感で感じてるもんではないのですからな。
やっぱ、自分で感じた真実っつ~のが一番。
とはいえ、体は一つしかないので、ど~にもこ~にもなんですが。

最近思うんですが、組織の意思ってのはどこで作られるんでしょうか。
独裁者がいればそれはそれで簡単なのですけどね。
個々人レベルではAだって言ってる事柄を
組織の意思としてはBになったりする…。
いったいそこにはどんな力が働いてるんだろ。
自分みたいなしょぼい人間には分からないもんなんでしょうか。

個人の意思を最大限活用できるツールとしてネットがあるといわれても
個人が集まればそれはそれで組織になっていってしまうわけで…
するってえと、個人の意思が100%反映される組織の意思は存在しない…と。
難しいですな。

日本の仕組みとして、今や私のようなベビーブーム世代が
若者の障壁となる世を動かすものとなっている今、
さて、どしたもんだろな~と考えたりして。

そうそう、つながってるかどうかは考えもんですが、
ラジオでこういってました。

「日本がつぶれないために、今の肩書き社会をつぶさなくてはいけない。」

そんなこと、30年も前の私が小学校の時から言われてました。
けど、変わってないのよね。

「3.11が人々の意識を変えた。」

ま、たしかにいろいろ考えたけど、今までだっていろいろありましたよ。
けど、変わってないのよ、世の中は。

「日本だけが、おかしな構造で、このままでは世界に取り残されていく。」

私が生きてきたなかで、同じことをず~っと聞いてきました。

つまりですよ、もはや日本ってのは、世界とはかけ離れたとこにいることが
ひとつの特徴であり、そのことが個性になっているのではないかと。
肩書きはいらない、個人で勝負、他人に迎合しない個性が大事
なんてことがグローバル化の第一歩みたいに言われますけど、
今の日本事態が、世界に迎合しない個性が突出した国じゃないですかあ。
実際、この30年間で、いろんなものを生み出してきたでしょ。
いろんな技術とか、デザインとか、アニメとか、kawaiiとか。
それらは、この世界とはかけ離れた文化によって生み出されたもんなんじゃないでしょうか?

ま、こんなこといってると、
右かと思われたりしますけど、私はそんなことはまったくござんせん。
正直、いったい何が正しいのか分からないって言いたいだけ。

ただね、自分の子供に、
好きな人ができて、
一緒に暮らして、
子供をもうけて、
っていう、ただただ、シンプルな暮らしをしてもらいためには、
どしたらいいのかな~なんて大それたことを考えたりしちゃったりして。
資源のない国に暮らす我々が、
国の形を残すために何をしていかないといけないか、
なんて大それたことを考えちゃったりして。

けど、そんなことを考えてる中でも毎日の暮らしはあって、
明日の昼は何にしよ~なんて低レベルなことも考えてる。

難しいですな。

ホント。

| たわごと | 23:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。